院長業績

  • 2024年

北薗 巌、他:夜間診療における発熱外来の取り組み.第18回日本プライマリケア連合学会(宮崎).1月(Web発表)

  • 2023年

北薗巌:鹿児島COVID-19診療を考える会:COVID-19との闘い〜鹿児島の夜間発熱外来診療の実績〜.4月(ホテル・レクストン鹿児島)

北薗巌:COVID-19との闘い〜鹿児島の夜間発熱外来診療の実績〜.6月(伊佐市医師会)

北薗巌:COVID-19との闘い〜鹿児島の夜間発熱外来診療の実績〜.7月(ダイワロイヤルネット鹿児島).

北薗巌、他:開腹歴を有するTEP法の検討.第78回日本消化器外科学会総会.7月(函館市).

北薗巌:COVID-19との闘い〜鹿児島の夜間発熱外来診療の実績〜.10月(昭南病院:曽於市医師会)

北薗巌、他:ヘッドマウイントデイスプレイWeapsの有用性について.第36回日本内視鏡外科学会総会. 12月(横浜)

北薗巌、他:当院での腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TEP法)に対するSSIの成績.第37回日本外科感染症学会学術集会. 12月(北九州)

北薗巌:COVID-19との向き合い方〜夜間発熱外来診療における経験を踏まえて〜.12月(TKPガーデンシテイ鹿児島中央)


  • 2022年

北薗巌、他:夜間に特化した地域医療における外科医の役割.第122回日本外科学会定期学術集会.4月(熊本:Web開催).

北薗巌、他:当院における胆嚢・総胆管結石症に対する治療戦略ーCチューブの応用ー(WS).第119回日本消化器病学会九州支部例会.6月(佐賀市).

北薗巌、他:ヘッドマウントデイスプレイWeaps(ウェプス)の導入と課題.第32回九州内視鏡・ロボット外科手術研究会.9月(大分市:Web開催).

北薗巌、他.前立腺癌術後の外鼠径ヘルニアに対するTEP法の手技とその有用性について.第35回日本内視鏡外科学会総会.11月(名古屋市).


  • 2021年

北薗巌、他:臍ヘルニアに対し腹腔鏡下ヘルニア 修復術(TEP法)を施行した1例.第54回九州外科学会.2月(福岡).

北薗巌、他:高齢者における腹腔鏡下ヘルニア 修復術(TEP法)の術後成績について.第154回日本外科学会学術集会.4月(千葉).

北薗巌、他:腹腔鏡下胆嚢摘出術における術中胆道造影の手技とその有用性について.第76回日本消化器外科学会総会.7月(京都).

北薗巌、他:尿膜管遺残症に対し腹腔鏡下腹膜外到達法(TEP法)で修復した1例.第34回日本内視鏡外科学会総会.11月(神戸).


  • 2020年

北薗巌、他.術前重粒子線治療を行った術後8年無再発生存中の進行膵癌の1例.第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会.8月(広島:Web開催)

北薗巌、他.腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術の術後創痛に対する芍薬甘草湯の有用性について.第120回日本外科学会定期学術集会.8月(横浜:Web開催)

北薗巌、他.症候性巨大肝嚢胞に対しICG蛍光法とC-tubeを併用した腹腔鏡下開窓術の1例.第55回日本胆道学会学術集会.10月(福岡:Web開催)

北薗巌、他:腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術に対する短期予防的抗菌剤投与の成績.第33回日本外科感染症学会総会.11月(浅草:Web開催)


  • 2019年

北薗巌、他.前立腺全摘後の外鼠径ヘルニアに対してTEP法を施行した1例.第13回九州ヘルニア研究会学術集会.2月(福岡)

北薗巌、他:腹腔鏡手術におけるシリコンラバーヒーターによる加圧送水の温水化について.第119回 日本外科学会学術集会.4月(大阪)

北薗巌、他:大腿ヘルニア虫垂嵌頓に対して一期的に腹腔鏡下ヘルニア修復術(TEP法)を施行した1例.第56回 九州外科学会.5月(鹿児島)

北薗巌、他:膀胱上窩ヘルニアに対するModified-TEP法の有用性について.第74回 日本消化器外科学会総会.7月(東京)

⑤北薗巌、他:胆嚢・総胆管結石症に対する腹腔鏡下総胆管切開切石術の導入と課題(WS).第114回 日本消化器病学会九州地方会.11月(宮崎)

北薗巌、他:当院での内視鏡下筋膜下穿通枝切離術(SEPS)の導入.2019年度 鹿児島市外科医会.11月(鹿児島)

北薗巌、他:内視鏡外科医が行う内視鏡下筋膜下穿通枝手術(SEPS)の導入.第32回日本内視鏡外科学会総会.12月(横浜)

(学術)北薗 巌:オピオイド誘発性便秘症(OIC)に対するグアーガム分解物の有用性について.鹿児島県医師会報 令和元年6月号 p74-75


  • 2018年

北薗巌、他:腹腔鏡下手術におけるC-tube挿入困難症例へのテクニック.第7回腹腔鏡下胆道手術研究会.2月(名古屋)

北薗巌、他:肝胆膵手術における周術期予防的抗菌薬短縮化の検討.第118回日本外科学会学術集会.4月(東京).

北薗巌、他:腹腔鏡手術におけるフットサイトモニターの経験とその有用性.第73回日本消化器外科学会.7月(鹿児島)

北薗巌、他.当院における腹腔鏡下でのC-tube留置.第31回日本内視鏡外科学会.11月(東京)

Iwao Kitazono, et al. Therapeutic strategy of laparoscopic endoscopic cooperative surgery for gastroduodenal tumors. SAGES 2018 SEATTLE, WA(Poster)

(研究助成金)「オピオイド誘発性便秘症(OIC)に対するグアーガム分解物の有用性について」平成30年度鹿児島県医師会研究助成 研究代表者:北薗 巌

(講演)北薗巌:第15回都城ラパロ研究会.1月(宮崎)


・2017年               

・北薗巌、他:術後アンケート調査における腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TEP)の長期成績と合併症症例の検討.日内視外22(5), 603-610, 2017

北薗巌、他:急性胆嚢炎に対するPTGBD後にマレコットカテーテルによる胆管穿通を合併した総胆管結石症の1例.第6回腹腔鏡下胆道手術研究会.2月(仙台)

北薗巌、他:胃・十二指腸に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術の治療戦略開.第117回日本外科学会総会. 4月(横浜)

北薗巌、他:胃全摘後遠位胆管癌に対し膵頭十二指腸切除を施行した1例.第200回近畿外科学会.9月(京都)

北薗巌、他:胃GISTに対する腹腔鏡・内視鏡合同手術-当科での治療戦略と手技について(WS:LECSの課題と克服法).第30回近畿内視鏡外科研究会.9月(大阪).

北薗巌、他:十二指腸腫瘍に対する腹腔鏡内視鏡合同手術-C-tubeによる縫合部の胆汁暴露予防について-(統合2PD).JDDW2017.10月(福岡).

北薗巌、他:腹腔鏡下手術における術中胆道造影の困難症例に対する手技.第79回日本臨床外科学会総会.11月(東京).

北薗巌、他:肝胆膵術後におけるドレーン先端培養と細菌感染リスクの検討.第30回日本外科感染症学会総会.11月(東京).

北薗巌、他:大腿ヘルニア嵌頓に対し腹腔鏡下整復後に2期的TEPを施行した1例ー本邦ヘルニア嵌頓報告例787病変の治療成績ー第30回日本内視鏡外科学会総会.12月(京都) ePoster Award

Iwao Kitazono、et al:Outocome of duodenal LECS in combination with C-tube placement.16th Society for the Study of LECS.2017 Fukuoka (English Session)

Iwao Kitazono, et al ; Transcystic Drainage Tube is usefulness for preventing postoperative leakage after laparoscopic-endoscopic cooperative surgery for duodenal tumors. SAGES 2017 Houston, TX(Poster)

北薗 巌:第73回鹿児島県臨床外科学会医学会(座長).平成29年3月(鹿児島)